男女

段差解消機で段差をらくらく乗り越えよう|レンタルも可

介護保険が適用される

車椅子

身体が不自由で何らかの障害を持っていて、自力でも歩行が困難な人の多くは車椅子を使って移動をしています。車椅子はタイヤで動いているので、段差があった場合は超えるのが難しくなる場合があります。特にお家で段差があると、それだけで出かけるのに時間が掛かってしまったり、面倒に感じてしまったりすることもあります。自分の足で歩行が出来る人にとっては簡単に超えられるようなちょっとした段差でも、車椅子では困難なケースが多いのです。バリアフリーの工事をして段差の問題を改善することも可能ですが、段差解消機というものもあります。段差解消機は、別名車椅子専用のエレベーターといわれていて、ボタン1つで段差を下げたり上げたりすることが出来ます。上げ下げの際はゆっくりと動き、車椅子が段差解消機から落ちないように両サイドに手すりがついています。ですから安心して使えて簡単に段差問題を解決出来ます。また、介護をしている側にとっても移動の負担を軽減してくれるアイテムとなっているので、介護業界や家族が在宅介護をしている家庭でも選ばれていますし、一人でも移動出来ることが出来ると喜ばれています。

段差解消機には対応している段差の高さの種類があり、30センチから1メートル以上の高さまであります。自宅や施設にある段差の高さにあったものを選べる他、レンタルサービスを利用することも可能です。介護保険が適用されるので、段差解消機を取り扱っている業界に問い合わせてみましょう。

高齢でも安心して暮らせる

微笑むシニア女性

住宅、医療設備などが整っている老人ホームは堺でも増えてきています。老人ホームでは食事はもちろん、万が一の事態に備えて医療機関と連携が取れるようになっていることから、老人ホームへの入居希望する人が多いのです。

詳細へ

業務負担を軽減するために

パソコンを操作する人

介護を必要としている高齢者が増えており、介護事業のニーズが高まってきています。ですから、介護事業をビジネス展開するチャンスです。また、その場合は国保中央会介護伝送ソフトを使用するといいでしょう。

詳細へ

システムを導入する

PCを操作する人

介護事業をするのでしたら、介護システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。このシステムは会計やスケジュール、国保連合会とのやり取りなどにも効率的に使えるのでとても便利です。

詳細へ